伝説カード 究極カード指定

指定されているカードは大会レギュレーションによって、
公式・公認大会で使用が禁止・制限されます。

バトスピのデッキは、入れることのできる同じ名前のカードは3枚までですが、公式・公認大会などで行われるバトルではカードによってデッキに入れることができる枚数を禁止・制限しているものがあります。
禁止・制限カードには禁止カード/制限カード<1>/制限カード<2>の3種類あり、それぞれデッキに入れることができる同じ名前のカードの最大枚数が設定されています。
ここで禁止・制限カードに指定されているカードは、リスト更新タイミングのゲーム環境によっては解除される場合もあります。ご注意ください。
我々《バトスピ特別調査室》は、常に、より楽しくバトルスピリッツを遊べるようにTCG「バトルスピリッツ」のゲームバランスを考察しています。
今回、チャンピオンシップの開催に伴い、バトルスピリッツにおけるゲーム環境の調査を行った結果、2016年11月1日より禁止制限を改定致します。

前回検証した上で制限をかけなかったカードのうち、公式イベント・公認イベントでの実績等を引き続き検証した結果を踏まえ、環境に大きな影響を及ぼしている下記3種を制限カードとさせていただくことにしました。

鎧闘鬼ラショウ」「紫煙獅子」に関しては、昨今の紫属性がトラッシュを第二の手札として活用している中で、これらのカードは容易にトラッシュのカードを増やすことができます。さらに併せ持つ効果も強力なため、制限カード<1>とさせていただきます。

五聖童子」に関しては、このカードの存在を想定するだけでデッキ構築の幅を制限してしまい、デッキによってはこの1枚のカードによって封殺されてしまう可能性もあるため、制限カード<1>とさせていただきます。

また、現在のゲーム環境での影響力を考察し、「騎士王蛇ペンドラゴン」を制限カード<1>から制限解除させていただきます。

バトスピ特別調査室

※2016年11月1日より適用

現在適用されているカード

禁止カード(デッキに1枚も入れられないカード)

●日本語版以外のバトルスピリッツTCG
●「GXナンバーのカード(アニメキャラクターカード)」

制限カード(デッキに1枚ずつしか入れられないカード)

制限カード<2>(デッキに2枚ずつしか入れられないカード)

現在、指定されたカードはありません


ページトップへもどる